2022.1.4
No.1


シニア女性のへそくりは、夫の倍

※画像はネットより拝借(以下同様)
50代以上の女性の「へそくり」金額は、夫の倍、というアンケート結果が出たそうな(^_^;)。シニア女性向け雑誌「ハルメク」の生き方上手研究所が10月、50〜79歳の既婚男女600人に実施した調査だそうで、「自分だけのへそくり」があるか、という質問に対し、「ある」と応えたのは夫で36.7%、妻で45.3%。金額を知って、ちょっと驚く(^_^;)。

女性のへそくり平均額は739万円!

 
将来は指揮者になりたいそうだ
50万円以下が23.5%、51〜100万円が22.1%、101〜500万円が22.8%、501万円以上がなんと一番多くて、31.6%。皆さん、がんばって、へそくり貯めているんですねぇ(^_^;)。

それに引き換え、夫側のへそくり平均額は334万円だとか。妻側の半額にも満たない額ですねぇ(^_^;)。

へそくりの使い道は?

 
高校時代の反田さん(ネットより拝借)
コツコツと貯めたへそくりの使い道は、夫が「自分の趣味に使う」が48.2%と一番多く、妻は、「予期していない突発的な出費への備え」が44.1%と一番多い。「自分の老後の生活費」のためかなと思っていたら、家族のために貯めているとは、実に「けな気」。

へそくりの隠し場所ランキング

 
へそくりの隠し場所はいろいろ。わたしなんか、よく隠し場所を忘れるので、思いきり、わかりやすい場所に隠しています(^_^;)。

男性の場合、「カーペットの下」「スピーカーの中」「デスクトップパソコン本体の中」など、おもしろい場所がありますね(^_^;)。

そもそも、女性のほうがへそくり額が高いのは、女性は平均寿命が長く、夫の死後の生活への不安が大きいからと分析されています。

そういえば、2020年の記録によると、日本人の女性の平均寿命は87.74歳。男性は81.64歳。いつのまにか、女性も男性も平均寿命は80際を突破しちゃったんですね。毎年毎年、平均寿命が伸びて行く日本、やっぱり、へそくりは必須事項ということでしょうか(^_^;)。

weekly top に戻る アイビーネットのtopページへ戻る