2021.7.17
No.7


「ファッションクイズ」、解けるかな?(^_^;)
日本人はランキング好き。本日の日経朝刊で見つけたのは「ファッションクイズ」のランキング。「オシャレ上手は知識から」というタイトルが付いていました(^0^)。

◆タキシードはどこの国の言葉?
@英国 A米国 Bオーストリア


※イラストはネットより拝借(以下同様)
第1位の「タキシードはどこの国の言葉」のクイズで、早くもわたし、苦戦するわたし(^_^;)。
まず、米国は歴史がないからハズすとして、英国か?、はたまた、ひっかけでオーストリアか、と迷ってます。

では、解説です。

紳士のフォーマルな装いのタキシード。19世紀末に従来の燕尾服から長い裾を省いた夜の略式装として、広まったそうです。言葉のルーツは米国。しまった、早くもハズしました(^_^;)。

実はスーツはミリタリー・ファッション」の末裔(まつえい)だそうで、ニューヨーク郊外の地「タキシードパーク」に由来。語源は、先住民の言葉「タクセド(クマの巣穴)」。この地を別荘地として開発したタバコ王ロリラード家の子弟が、1880年代に、タキシードパークの夜のパーティで燕尾服の代わりに着た丈の短い上着が話題となって、流行したのだとか。

ちなみに、燕尾服はこちら


◆エルメスの包装はなぜオレンジ色?
@それしかなかった A遠くからわかるため B競走馬の名前から

フランスの高級ブランド「エルメス」。包装は色鮮やかなオレンジ。最初からオレンジだったのかなと思ったら、意外な事実が。

実は戦前は薄いベージュだったそうでs、第二次世界大戦の物不足で、ベージュがなくなってしまい、残っていた強烈なオレンジ色の紙を使うしかなかったのがきっかけとか。

戦後、紙の色を決めるにあたって、創業家一族のジャン、ゲラン、エルメスが、戦時中の目の覚めるようなオレンジが忘れられず、包装紙の色をオレンジに決定したそうだ。

今は、オレンジの包装と、茶色の「四輪馬車と従者」のマークが入ったリボンがエルメスのトレードマークとなっている。

◆3人のうち、最初にパリでファッションショーを開いたのは?
@森英恵 A高田賢三 B三宅一生

長年パリでファッションショーをした3人のうち、先駆けとなったのは高田賢三さん。昨年、新型コロナで亡くなったのは記憶に新しい。ちょうど、黒い服ばかり着ていたわたしは、パリのファッションショーのフィナーレで高田賢三さんが全身黒づくめで現れた時は衝撃だった。


◆ユニクロの名前の由来は?
@ユニバーサル・クロージング・ウェアハウス Aユナイテッド・クロージング・ウェアハウス Bユニーク・クロージング・ウェアハウス

日本最大のカジュアル衣料チェーンユニクロ。その名前の由来は「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」から。「ユニーク(独自の)」、「衣類」、「倉庫」の言葉を組み合わせ、「他では買えない良いカジュアルファッションを自由に選び買うことができる」という意味を込めたそうだ。
フリース衣料のヒットをきっかけに国民的ブランドへ躍進した

weekly top に戻る アイビーネットのtopページへ戻る