2015.7.15
No.14

自分を振り返る「余裕をもつこと」の大切さ!(日経2015.7.12の記事)

普段、身体の健康は気遣っても、ついこころの健康までは、気づかないことが多いのではないでしょうか。
こころの健康は、もともと本人には気づきにくく、気付いた時にはかなり重い症状になってしまっていることが多いようです。

日ごろ、どんな風に自分のこころの健康を気遣ってあげればよいのか、日経の記事から抜粋したいと思います。


主役はモノではなく、自分!

こころの健康にとって、一番大切なことは、「断捨離(だんしゃり)」なんだそうです。
自分にできないと判断したことを、上手に捨てて、モノにとらわれずに、自分にとって大切かどうかを考えて、主役をモノから自分に変えていくことがとっても大切だと書いてありました。
でも、初めて聞く言葉「断捨離」とは、どんなことなのか、から、まずは紹介していきたいと思います。


断捨離とは?


「断捨離(だんしゃり)と言う言葉を耳にしたのは初めてだったので、ちょっとネットで「断捨離」について、調べてみました。

では、ネットで見つけた情報を紹介します。

*******************

「断捨離というと新しい片づけ術かと思うかもしれませんが、そうではありません。
断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプト(概念)です。
モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにすると、心もストレスから解放されてスッキリします。
これが断捨離の目的です。

必要のないもの、使わないものを手放すことで、本当に必要なもの、本当に価値のあるものがさらに浮かび上がってくるということです。」

事実、断捨離を実践した方の多くがこのように言っています。
捨てられないと思っていたものが捨てられるようになった
片付けられない原因がわかった
仕事や他人との関係性も見直すことができた
自分軸をもっと大切にする生き方ができるようになった
ストレスが減って気持ちが楽になった

*****************

なるほど、こころにたまってしまった不要な物を捨てて、こころの整理整頓をしましょうということのようです。


断捨離とこころの関係

断捨離をすることは、自分を主役にすることですが、でも、それは自己中心という訳ではありません。

自分の思い込みやとらわれから距離を置いて、自分を振り返る余裕をもつことです。

そうですよね、こころの中にいろいろなものが詰まっていると、自分を振り返る余裕も持てませんし、何より、こころの中のものに振り回されてしまいますよね?

自分を振り返るこころの働きを、認知心理学では「メタ認知」と呼ぶんだそうです。

あ、また新しい言葉が出てきました。
また、ネットで「メタ認知」と言う言葉を調べてみました(^_^;)。


メタ認知とは?


メタと付いていたので、てっきり「メタボ」のメタのことで、こころの肥満のことかしらと思ったら大間違いでした(^_^;)。

「メタ認知の「メタ」とは「高次の」という意味だそうです。
つまり、認知(知覚、記憶、学習、言語、思考など)することを、より高い視点から認知するということです。

メタ認知は、何かを実行している自分と、頭の中で働く「もう一人の自分」がいて、何かを実行している自分を、もう一人の自分が認知することのようです。つまり、認知していることを認知するという訳なのです。

メタ認知には、つぎの2つのはたらきがあります。
1.メタ認知的知識
認知作用の状態を判断するために蓄えられた、課題、自己、方略、についての知識
2.メタ認知的技能
メタ認知的知識に照らして認知作用を直接的に調整するモニター、自己評価、コントロールの技能

ちょっとわかりにくいのですが、思考したり、学習したりする「認知」を、さらにもっと高い位置から、「認知」することなんですね。


わたしたちの行動パターン


実は私たちは、意識して考えたり行動したりしているようで、実際にはほとんどそれを意識できていないそうです。
考えていることをいちいちひとつひとつ振り返っていたのでは、いくら時間があっても足りなくなるからです。

日常生活の中で意識しないで考えたり行動できたりするのは、効率よく動くために、わたしたちが持っているこころの力によるものなんだそうです。

でも、わたしたちはいつも的確に判断したり、行動したりできるとは限りません。
問題が出てくるのはそうした時です。

思い込みで行動して全体が見えなくなってしまったり、ひとつのことにとらわれると、本当に大切なことに目が向かなくなってしまいます。そして、ささいなことにこだわっていると、先に進めなくなってしまいます。

そうした時に、自分が置かれている状況を見直すことで、それまで見えてなかったことが目に入ってきたりして、問題解決の糸口になったりします。

その時に大切な役割を果たすのが、必要なものでないものを捨てて行く「断捨離」であり、自分の認識を高い位置から再度認識する「メタ認識」なのです。

こころの問題はとてもデリケートです。
日ごろ、自分を振り返る余裕を持つことは大切です。
少しこころが疲れたなと思ったら、このふたつの「断捨離」と「メタ認識」を思い出して、乗り切っていただければと思います(^^)。


weekly top に戻る アイビーネットのtopページへ戻る