2014.3.5
No.5
 皆さんのクセはどんなクセ?
「なくて七癖」と言われるぐらい、人にはクセがあるのが当たり前。
ただ、自分のクセを相手に指摘されて、初めて気付くというクセもあるから、困りものですね(^_^;)。

いいクセ、悪いクセなど、いろいろなクセが日経の記事に取り上げられていました。
どんなクセがあるのか、他の方たちのクセを、ちょっと紹介します(^^)。


一番多かったクセは食事中のクセ

日経のアンケート調査の結果によると、一番多かったのは、食事中のクセ。
@コップを持つ時に小指が立っている(50代男性)
A喫茶店ではストローを包む紙をクルクル丸めてしまうなど、手元が動いてしまう(60代男性)

食べることに夢中になってしまうと、つい、いつものクセが出てしまうのかもしれませんね。

決まった場面で出てしまうクセ

よく聞くのが、「立ちあがる時に、つい口に出てしまう「よいしょ」のひとこと。
これは日本人特有の口癖かもしれません(^0^)。
昔から耳にしてきた言葉だけに、つい、動作を起こす時に、口から飛び出してしまうのかもしれません。

口癖というのは、結構、多いように思います。

「説明をする時に、『要は〜』という言葉をよく使う」(40代女性)というアンケートもありました。
「強いて言えば」「結局のところは」など、言葉の始めのひとことって、つい使ってしまう言葉とかありますよね。


緊張した時に出てしまうクセ

会話中や、緊張した時などに、「鼻をさわる」(40代男性)「顎をさわる」「髪の毛先を指でくるくる回す」(40代女性)など、体の一部に触れて、緊張をほぐしたり、落ち着こうとしたりするクセも多いそうです。

緊張した時、皆さんはどんなクセで落ち着こうとするのかしら?(^−^)

何気ないクセ

靴下をはくとき、必ず右足からはく。反対からはくと、しっくり来ない」(50代女性)
など、順序に関する習慣も挙がったそうです。

「脚を組みときは右が上」(50代女性)
「人と立って並ぶ時は右側」(50代女性)など、左右の順序にこだわるクセもあるようです。

でも、相手が気付いても、気付かなくても、人に迷惑をかけないクセなら、問題なし(^^)。
困るのは、相手に不快な思いをさせてしまうクセかもしれません。

直したいクセ

クセの中でも、困ったクセがこちらです。

「貧乏ゆすり。妻にいつも叱られる」(60代男性)
「食事の時、肘をつく」(50代男性)
「考え事をしていると、眉毛を抜いてしまう」(50代女性)

他人が見て、不快に思ったり、自分や他人に支障が出てくるようなクセは困りもの。できたら、直したいですよね。
指摘されたら、直すよう、心がけるだけでも、まずは改善の大きな一歩かもしれません(^^)

weekly top に戻る アイビーネットのtopページへ戻る