早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
10 「気圧の変化で頭痛悪化!」2021.9.11
3333

※イラストはネットより拝借(以下同様)
やっと猛暑も影をひそめて、ようやく過ごしやすい気候となりました。
ただ、猛烈な台風14号が、日曜辺りから沖縄に接近するそうで、東へと進むため、西日本は台風の影響の恐れがあるそうです。

実は頭痛持ちのわたし。頭痛がし始めると、気圧が変化したのかなとわかります。
一般的にも、台風が近づくと、気圧の変化のため、片頭痛がすると言われています。また、雨の日は古傷が痛んだり、気温が下がると、喘息の発作が起こりやすくなるそうです。

また、曇天や雨が続くと、うつもひどくなるとのこと。気象の変化による不調は意外と多いんですね。

脳血栓症や心疾患、腰痛や関節痛のほか、首・肩こり、更年期障害、歯周病などの症状が悪化する人もいるそうです。

では、なぜ「気圧の変化」が不調を招くのか、日経記事より紹介します。

気圧の変化が不調を招くのはなぜ?
愛知医科大学病院痛みセンターの教授によると、「もともと抱えていた頭痛などの症状が気象の変化の影響で、更に悪化するケースがみられる」とのこと。気象の変化に体の働きを調整する自律神経が敏感に反応してしまうのが原因。

近年は、夏の猛暑や急な大雨が目立つようにあり、夏バテによる食欲不振やだるさ、睡眠不足などが加わると、これまでなかった人でも、症状が出てくる可能性もあるそうです。

気圧の変化を感じ取るセンサー「内耳」
特に、気圧の変化が影響してくるのは片頭痛やめまい。耳の奥にあって、気圧の変化を感じ取るセンサーの役割を果たす「内耳」の働きが関係しているそうです。

気圧の変化が内耳を通じて脳に伝わる過程で、自律神経に乱れが生じ、結果として、痛みや不調が出てくるんだそうです。

脳神経外科の先生によると、「診察した片頭痛患者300人以上にアンケート調査をしたところ、7割が気象の変化で、頭痛が誘発されているという結果が出た」そうです。

気圧による体調不良の対処の仕方

「頭痛ダイアリー」など、天気や気圧、頭痛の状態、服用した薬などを日々記録することは大切とのこと。日記によって、症状の出やすい状況を自ら把握できるようになり、対策を講じやすくなるからだそうです。

天気予報をチェックして、台風や雨といった変化を予測できたら、「片頭痛の予防薬、内耳にはたらきかけて改善する薬などを前もって、服用するのもよいそうです。

低気圧で片頭痛が起きると、脳の血管が拡がるそうで、そんな時、コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインが血管を収縮させるので、片頭痛の症状を和らげる可能性もあるそうです。

「糖分も血管を収縮させるので、甘いものを食べるのもよい」そうです。ただし、甘い物の食べすぎは要注意(^_^;)。

気圧による体調不良の予防法

「マッサージで耳の血行をよくすると、痛みを回避しやすいそうです。

指で耳をつまんで、上下や横に動かしたり、回したりします。日々の習慣にすると、頭痛やめまいが起こりにくくなるそうです。

また、自律神経を整えることができれば、気象の変化による影響も受けにくくなります。自律神経を整えるためにも、十分な睡眠、日光をあびる習慣、適度な運動、バランスの良い食生活を心がけることは大切です。

日ごろの心がけ

このところ、新型コロナウイルス禍で、在宅勤務が増え、外出が減った人も多くなりました。
実は、コロナ禍で片頭痛患者の2割近くは、頭痛発作が増えたと訴えているそうです。

毎日、パソコンに向かって、同じ姿勢を続けるのは禁物。ただでさえ、季節の変わり目は自律神経が乱れがちなので、気圧による体調不良を起こさないよう、自律神経を整えるための予防、心がけたいものですね。
「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる