早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
7 「夏バテしない人」になろう!2021.6.21
3333 梅雨の季節、じめじめした蒸し暑さや、夏の日照りに、体がまいっていませんか?
過ごしやすくするためにエアコンも必要。でも、エアコンのきいた部屋と、エアコンをつけていない部屋の行き来は結構、体には負担。気温や湿度の変化に体が順応できず、だるさや食欲不振、不眠などの不調を感じるのが「夏バテ」。
特にまだ体が夏の暑さに慣れていないこの梅雨の時期が特にこたえます。またコロナ禍により、外出もままならず、運動不足なども夏バテの原因になるとか。

では、梅雨の時期から早めに「夏バテしない体づくり」に挑戦してみては如何でしょうか?

まずは、夏バテしやすい生活習慣チェックをしてみましょう

※イラストはネットより拝借(以下同様)







<チェックが0~3個の人>
生活習慣に大きな問題なし。チェックがついた項目は改善しましょう

<チェックが4~7個の人>
知らず知らずの間に体の不調が蓄積しています

<チェックが8~10個の人>
体はもう悲鳴を上げています。そのままの状態にしていたら、まちがいなく夏バテしてしまいます。

チェックをして、どの程度の夏バテ予備軍なのか、理解したら、今度は、夏バテの知識をのぞいてみましょう。

夏バテの原因は暑さだけではありません!
だるい、食欲がない、眠れないというように、夏バテは、気温や湿度の変化に対して体がうまく順応できず、バランスのよい状態が保てない時に起こります。

ただでさえ、暑さで体力が消耗するのに、冷房のある所、ない所の温度差のギャップも身体にこたえます。この梅雨の頃の、まだ暑さに対して体の準備ができていない時の暑さは特に問題です。

しかも今年はコロナ禍で、出歩く回数が減ったり、人と会って、気分転換をしたりといういつもの生活パターンとすっかり様変わりしています。運動量が減っている人は多いはずです。

いままでは、外出したりするなどして、汗をかいていたのに、今年はコロナ禍で普段の生活パターンが違ってしまったために、精神的にも参ってしまう人も多いと思います。

つまり、夏バテは単に「暑さ」だけが問題なのではないということなのです。

夏バテ対策のための6つの心得
屋外の気温や湿度を下げることはできませんが、ちょっとした生活習慣の見直しで、夏バテのリスクを減らすことができるそうです。

◆いろいろなものを食べましょう◆
つい食べやすいので、そうめんだけ、おにぎりだけ、菓子パンだけという食生活になると、ビタミン類が足りなくなります。たんぱく質やビタミン類、ミネラルをバランスよく摂取するためにも、いろいろなものを食べることが大切です。

また、食欲が落ちた時に、肉類は食べずらいという時は、果物や野菜、豆腐、枝豆など、食べやすい食品をいろいろと摂るようしましょう。
◆水分をしっかりとりましょう◆
熱中症対策のためにも、水分は大切ですが、水分を適切にとっていないと、血流がわるくなり、末端まで血液が回らず、体が冷えてしまいます。手足が冷たくなったり、口の中が乾いて、唾液が出づらくなっていたら、脱水状態の可能性もありますので、すぐに水分補給をしましょう。

ただ暑いからといって、冷たいジュースや炭酸飲料ばかり飲み過ぎると、胃腸に負担がかかるので、水やあまくないお茶類、珈琲など、常温やあたたかくして、飲むようにしましょう。
◆涼しい部屋で軽い体操を◆
涼しい部屋で軽く運動をして、少し汗を流すことは体のために、とってもよいこと。
涼しい部屋でじっと動かずにいると、体が冷えすぎて、筋肉がこわばり、代謝が悪くなります。また冷えで胃腸の働きもわるくなり、栄養がとりにくくなって、更に食欲が出ないことも増えます。涼しい部屋で軽い体操を心がけましょう。
◆自分にとって、心地よい室温で眠りましょう◆
夏バテしないためにも、しっかりと睡眠をとることが大切です。寝苦しいと、睡眠が浅くなり、十分な休息が得られません。冷房が苦手な人は、隣の部屋にエアコンをつけて、扇風機で風を送るなど、工夫をしてみましょう。
◆温度調節をしやすい服装を心がけましょう◆
衣類は汗が乾きやすく、通気性のよい綿などの素材がお薦め。少しの温度差にも対応できるよう、羽織る物があると便利です。一番心地よい温度になるよう、衣類で調節することが大切です。
◆入浴は就寝の1時間前に済ませる◆
シャワーよりも湯舟の入浴のほうがお薦め。少しぬるめのお風呂にゆったりと入って、副交感神経の働きを活発にさせます。お湯の温度が高すぎると、交換神経が刺激されて、逆に目がさえてしまうので、気をつけましょう。

お風呂から上がったら、体温が少し下がってくるときに眠気が出るので、就寝の1時間前ぐらいに入浴して、体の芯が落ち着いてくるころに眠るのがよいといわれているそうです。

如何ですか?ちょっとした工夫で夏バテしない体作りができます。なお、こちらの情報は、ネットで見つけました。
「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる