早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
14 唾液のチカラ
3333
「つばを吐く」ということばもあるように、唾液(つば)は、あまり良いイメージではみられていないようですが、実はこの唾液はあなたの健康に深く関わっているのです。

唾液は口の中を潤すだけでなく、口内の汚れや細菌を洗い流す自浄作用や、細菌の発育を抑える抗菌作用などがあります。虫歯を防いだり、食べ物の消化を助けるアミラーゼという消化酵素は、でんぷんを糖に変えて胃腸の負担を軽減します。

また、食べ物を滑らかにして粘り気を出し、口の中の粘膜や舌に傷がつかないようにしています。
口の中には多くの細菌がいることがわかっていますが、唾液中のリゾチーム、ラクトフェリンなどの物質は、細菌の増殖を防ぎます。

他にも唾液中のベルオキシターゼは、発がん性物質の毒性を抑える働きがあるといわれ、現代の難病であるエイズウィルスについても口内の感染力を弱める効果が期待されています。

唾液の効能

そんな唾液の分泌は加齢と共に減少するため、特に高齢者ではお口のトラブルも増えていきます。

口臭・虫歯・歯周病などから守ってくれる唾液の分泌を増やすことが効果的です。
●よく噛んで食べる
噛むことで、唾液腺が刺激されて分泌が活発になります。がむを噛むのも効果的です。

●水分を補給して口の中を潤す
ただし、カフェインには利尿作用があり、水分が排出されてしまうので、水分補給にお茶やコーヒーは逆効果です。

●鼻呼吸を心がける
口呼吸は口腔内を乾燥させます。

●唾液の分泌を促進させる食べ物
レモンや梅干しなどのすっぱいものが代表的ですが、昆布に含まれるアルギン酸や納豆のポリグルタミン酸も分泌を促します。また、セロリやニンジン、アーモンドなども効果的です。

「唾液を増やす」唾液腺マッサージが効果的!



「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる