TOPページ おしゃべり広場 みんなの部屋 ちまたの話題 教室のお知らせ

早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
12 健康食材でエコな豆苗について(2017.10.4) 
3333
豆苗は優良食材です

健康な野菜といえば、ほうれん草を思い浮かべますが、そのほうれん草と比較しても、ビタミンCなら2.1倍、ビタミンB群やβカロテンでも、大きく上回るそうです。

野菜の中でも、豆類に属すので、タンパク質やビタミンB群などの栄養素が豊富なため、栄養バランスがよい、緑黄色野菜として、豆苗は優良食材なのです。

食材の中でも、使いやすいです

豆苗は、アクが少ないため、下ゆで等の必要もなく、生で食べられる上に、そのまま下茹でせずに炒め料理もできます。電子レンジで加熱して、おひたしにすると、便利&簡単にお料理することができます。

再生できるので、お得感いっぱい

根が付いたパックされた状態で売られているので、1回目は、そのまま切り取ってお料理に使い、残った根の部分をタッパーなどに入れ、水栽培で育てると、徐々に芽が伸びてきて、もう一度、収穫することができます。

さすがに、お薦めは1回の収穫だけだそうですが、通常、捨てる根っこから、もう一回、収穫できるのは魅力ですよね。育て方も特に面倒はなく、キッチンの窓辺に置いておけばよいそうです。

手間は、毎日水替えをする程度で、活性剤などの栄養の追加も不要だそうです。


豆苗は、免疫力をアップや老化防止に活躍してくれます

先ほども書きましたが、豆苗は優良食材。
特に、免疫力向上や老化防止に役立つ「β-カロテン」は魅力です。

β-カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚や目の健康、免疫機能を強化するなど健康には欠かせない栄養素だそうです。

また、ストレスへの抵抗力を高めてくれる抗酸化作用をもつ、ビタミンCの含有量は、ほうれん草を上回ります。

その他にも、アンチエイジングの効果のある「ビタミンE」や、骨の健康をサポートしてくれるビタミンKやカルシウムも豊富に含まれた食材なのです。

ということで、八百屋さんで豆苗を見つけたら、ぜひ食材のひとつとして、活用してみてくださいね>all

「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる