TOPページ おしゃべり広場 みんなの部屋 ちまたの話題 教室のお知らせ

早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
9 NHKためしてガッテンの「酢たまねき」のすごさ(2017.7.18) 
3333

30℃越えの夏日に突入し、毎日がそれこそ暑さとの闘いになってきています。
ちょっとした疲れでも体調を崩しがち。体調管理には気を付けたいですね。

そこで、少しでも健康によい情報はないかなと探していたら、お酢と玉ねぎの両方の健康効果が得られる「酢玉ねぎ」を発見。冷蔵庫でも2週間ほど保存することができますので、作り置きをして、毎日の健康作りに重宝してはいかがでしょうか?


酢玉ねぎの驚く効果

酢玉ねぎとは、文字のごとく、お酢と玉ねぎを合わせたもの。健康によいお酢とも玉ねぎの両方を使った、欲張り健康法です。

お酢の中には、クエン酸や酢酸等が含まれていて、疲労回復の効果や、血流を良くする効果があります。そのため、冷え性や肩こりの解消にもつながります。

また、内臓脂肪と皮下脂肪を減少させる効果もあり、さらに最近では、中性脂肪の減少にも効果があることが分かり、体重増加を防ぐ働きも期待できます。

玉ねぎには、
◆動脈硬化や高血圧の予防
◆食欲増進
◆不眠の解消
◆便秘の解消
◆コレステロールを減らす
◆中性脂肪を減らす
という、たくさんの健康効果があります。

つまり、健康によいふたつの食品を一緒に摂ることで、健康効果が倍増する訳です。

一度飲み始めたら、続けないといけません
ただし、この健康効果ですが、飲み始めたら、続けないといけません。飲むのをやめてしまうと、せっかく押さえていた、動脈硬化や高血圧の予防などの効果が全て戻ってしまうからだそうです。


酢玉ねぎの作り方

玉ねぎを切って、調味料と混ぜるだけの簡単レシピなので、ちょっと試してみてはいかがでしょうか?

<材料>

玉ねぎ…中1個(約200g)
お酢…大さじ5(醸造酢なら何でも良いですが、リンゴ酢でもよい)
塩…少々
ハチミツ…大さじ1.5~2(お好みでどうぞ♪)

<作り方>
1.玉ねぎを軽く水洗いし、皮をむきます。

2.皮をむいた玉ねぎを薄くスライスして、15分以上そのまま置いておきます。このとき、水にはさらさないようにしてくださいね!

3.保存容器に②の玉ねぎとお酢を入れ、さらにハチミツも入れます。

4.冷蔵庫に1晩入れておけばできあがります

酢玉ねぎは、2~3日ほど寝かすと食べごろになるとか。1日、50gほどを食べ、一緒にお酢も飲むと、更に効果がアップするそうです。

酢玉ねぎを使って、サラダを作ったり、炒め物やマリネなど、いろいろなお料理にも使ってみるとよいかもしれませんね。


「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる