TOPページ おしゃべり広場 みんなの部屋 ちまたの話題 教室のお知らせ

早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
7 アニサキス感染症(2017.6.17)  by SUE
3333
アニサキスとは?

これからの時期、湿度も高く気温も上昇してきますが、それに伴って食中毒もおこりやすくなりますね。このところ急増しているいるのが「アニキサス食中毒」と呼ばれるものです。
「アニサキス」すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、「何?」とおっしゃる方々も多いかと(@_@)

アニサキスは(Anisakisu)は回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称で、海産動物に寄生する寄生虫です。
サバ、アジ、サンマなどのいわゆる青魚だけでなく、サケ、イカ、タラなど他にも意外と思われる様々な魚に寄生しています。幼虫は内臓表面や筋肉内に寄生しているので、表面にとぐろを巻いているのが見えることがあります。
その成虫はクジラやイルカの胃にも寄生しています。
アニサキスに限っては、蒸し暑くなってきたからではなく、比較的に寒い時期に多く、冬にも注意が必要と言えます。

感染症とその症状

これらを生食することによって感染し、長さ2~3㎝の幼虫が胃壁や腸壁にもぐりこんで症状を引き起こします。寄生部位(穿孔部位)によって「胃アニサキス症」と「腸アニサキス症」に分けられます。

【胃アニサキス症】 
食後数時間後から十数時間後に、突然激しい腹痛、吐き気、嘔吐が襲います。嘔吐に際しての吐しゃ物は、胃液のみで、下痢も一切認められないことが、一般の食中毒と異なる特徴でもあります。
これはアニサキスの虫体が寄生のために、胃粘膜や腸粘膜に潜り込むことから生じる症状です。

【腸アニサキス症】
食後十数時間後から数日後に、激しい下腹部痛、腹膜炎症状を生じます。

一部の人には、じんま疹のような発疹やかゆみが現れることがあり、これはアニサキスに対するアレルギー反応だと考えられます。「サバアレルギー」と思われる人を調べたところ、原因はサバではなくアニサキスだったという報告があります。

発症はたいてい夜中です。新鮮な海産魚類を食べて3~4時間後に急にお腹が痛くなったら、消化器内科専門の医院か消化器内科の専門医のいるような総合病院を受診してください。
医師がアニサキスによる食中毒と診断した場合は、24時間以内に保健所に届け出ることになっています。

検査と治療

「胃アニサキス症」であれば、内視鏡(いわゆる胃カメラ)を用いて、消化器官粘膜の虫体を確認し、つまんで取り除く方法があります。胃壁に刺入していて観察も摘出も困難な場合は、アミドトリン酸(ガストログラフィン)を散布したところを粘膜から解離し、摘出が容易になることも報告されています。
特異的な治療薬(特効薬)は存在しないとされていますが、ステロイド系抗炎症薬を投与すると、駆除はできないまでも症状が軽快する症例も認められています。

「腸アニサキス症」では虫を見つけるのは困難で、X線や超音波で小腸を調べます。
まれに虫が腹腔や胸腔、さらに他の臓器に入り込んで「イヌ回虫症」と同じような症状を起こすことがあります。この場合、抗体検査が役立ちます。 開腹手術をする場合もあります。


予防

アニサキスの宿主を生食しないことが最も確実な対策と言えます。

◆魚を購入する際は、新鮮なさかなを選びましょう。また、まるごと一匹で購入した際は、速やかに内  臓を取り除いてください。
◆内臓を生で食べない。
◆目視で確認して、アニサキスの幼虫を除去して下さい。

※一般的な料理で使う程度の食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキス幼虫は死滅しません。

生魚、日本人の食事には欠かせないとても美味しいものなんですが、これを考えると、ちょっと怖くなっちゃいますよね(-_-;)

「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる