TOPページ おしゃべり広場 みんなの部屋 ちまたの話題 教室のお知らせ

早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
5 水をたくさん飲むと、風邪を引きにくくなる(2017.4.30) 新谷健康法の本より 
3333
人の体は60~70%が水

血液の流れ、リンパ液の流れなど、人の体には絶え間ない流れがあり、そのすべてに、水が関係するので、水の少ない体は健康を維持することができないという。

人の体は60~70%が水でできていて、全ての細胞が水で満たされている。水はわたしたちの体内でいろいろな働きをになっているが、その中でももっとも重要なのが、血液の流れをよくして、新人代謝を促進していることだ。

良い水は、細胞内にたまった老廃物や毒素を素早く排出し、腸内細菌や体内酵素の活性化を促している。そのため、水をあまり飲まない人は、病気にかかりやすくなってしまう。

実は、わたしはほとんど水を飲まない人なのだ(^^;)(^^;)。
健康のために、水を飲まないといけないと知っていたが、やっぱり体質なのか、水を余り飲まないのだ。

良い水をたくさん飲んでいる人は、風邪を引きにくいという。気管支や胃腸の粘膜など、ばい菌やウイルスが侵入しやすい場所が潤っていると、免疫細胞の働きが粘膜の表面まで活性化するからだそうだ。

わたしの場合、水を飲まない上に、鼻アレルギーなので、鼻の中は乾燥気味だし、咳喘息の体質なのか、喉はいつもいがらっぽくて、乾燥している。粘膜がうるおっていない分、病気になりやすいのだ。

改めて、今回、水について、取り上げたのは、今年に入って、二度も寝込んだので、体質改善をしたくて、健康の記事を漁っていたら、この新谷先生の記事を見つけた。

水を飲んで、健康作りをしたいなと、今は真剣に考えている。
でも、ただ水でよければいいという話ではなさそうだ。

「よい水」という条件があるようだ。では、良い水とは、どんな水なのか?、更に本を読み進めた。


水道水が害な理由は?

水道水には、消毒に使われる塩素のほか、発がん物質が含まれているそうだ。これらの物質については、安全上の基準が決められているものの、どんなに基準を満たしていたとしても、毒が入っていることには変わりないという。

水に塩素を入れると、水の中で大量の活性酸素が発生する。活性酸素とは、体をサビ付かせて、ダメージを与える物質で、微生物をこうやって殺しているのだ。

しかし、これだけでは、水そのものも酸化してしまう。酸化したものが体内に入ると、活性酸素を作り出す原因となって、様々な健康被害をもたらしてしまう。

水道水を沸かして飲めば大丈夫かというと、それもよくないそうだ。沸かすと、発がん物質などの有害物質が三倍に増えるとともに、酸化もすすんでしまうそうだ。

よい水とは?
結論から言うと、良い水とは、「化学物質に汚染されていない、還元力(他の物質の酸化を防止する作用)の強い水」で、条件として、次の8つが挙げられる。
**********************
1.塩素を含まず、参加していない。
2.水のクラスター(分子)が小さく、細胞に吸収されやすい。
3.還元作用(抗酸化作用)をもつ
4.水のPH(水素イオン指数)が8.0以上で、弱アルカリ性
5.カルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分がバランスよく含まれている
6.酸素と二酸化炭素が適度に含まれている
7.酸化カルシウムの量が少なく、適切な硬度である
8.活性酸素を除去する活性水素を含んでいる
**********************

これらを満たすものとして、お薦めなのは、電解還元水だ。
これは浄水器を通して得ることができる。

市販されているミネラルウォーターの1部も該当するが、全てをそれにするには手間もコストもかかること、ペットボトルのまま長くおいておくと、還元力が次第に低下してしまうことから、浄水器を取り付けるのがお薦めとのこと。


良い水の飲む量と飲み方

人間は一日に排泄する水分量は、約2.5リットル。食べ物にも水分は含まれているが、そう考えると、1日1.5リットルくらいの水を飲むのがよいと言える。病気等で特別に制限されている場合をのぞき、取りすぎになることはないそうだ。

飲むタイミングは起床時と、昼食、夕食の1時間前に必要量の1/3ずつを飲む。
こうすれば、食事の時間には、水は腸に入っているので、胃が水でいっぱいで食事が食べられなくなることはない。食事中に飲むことは、消化酵素を薄めてしまうので、コップ1杯くらいがよいそうだ。

注意したいのは、お茶やコーヒーなどで水分をとるのではなく、水分は水で摂ることが大切とのこと。水でない飲料は、多飲すると、水分を補給するどころか、脱水を起こす原因になってしまう。

また、これらの飲料に含まれる糖分やカフェイン、アルコールなどは、体から水分を奪い、血をドロドロにしてしまうというから注意しないといけない。

良い水を適量に飲んで、ぜひ健康作りにつなげたいなと思う(^^)。

「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる