TOPページ おしゃべり広場 みんなの部屋 ちまたの話題 教室のお知らせ

早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
7 その頭痛、原因はまぶたかも?(2016.4.23) 日経新聞情報
3333
新聞を見ていたnabeさんが「ちょっと見てみたら?」と今朝の朝刊を手渡してくれました。
目黒の母が「眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)」なので、わたしもゆくゆく眼瞼下垂症になるのでは、と心配してくれたようです(^_^;)。

母の症状は結構重いほうかも。朝起きると、まぶたを持ち上げないと、目が開かないぐらい、まぶたが目を覆ってしまうとのこと。今度、井上眼科に行った時に、ちょうど先生と相談しようと予定していました。

では、眼瞼下垂症はどんな病気なのか、原因は何なのか、その予防策は、など、新聞記事を紐解きながら、少しずつ紹介してみたいと思う。


眼瞼下垂症になるのはなぜ?

眼瞼下垂症とは、まつたが黒目を覆うほどに下がる症状。

上まぶたの奥には、まぶたを上げるために働く「上眼瞼筋」という筋肉があります。
「上眼瞼筋」は、まぶた周辺で、「腱膜(けんまく)」と「ミュラー筋」と呼ぶ組織に分かれます。

そして、目を開ける時は、まぶたを上げようと、「上眼瞼筋」と「腱膜」と「ミュラー筋」の3つが連動して、まぶたを上げることができます。

その際、まぶたの内側にある、形を維持する芯のような「瞼板(けんばん)」が開閉をスムーズにしているのです。

ところが、目をひんぱんにこすったり、まぶたに強い刺激をあたえたりし続けると、腱膜(けんまく)が瞼板から外れ、まぶたがたるんでしまいます。これが腱膜性(けんまくしょう)眼瞼下垂症なのです。

ミュラー筋だけでまぶたを上げようとすると、体のいろいろなところに無意識に余計な力が入ってしまいます。特に目の奥が常に緊張するため、目の奥の痛みや眼精疲労が出てきます。
そのため、眼瞼下垂症になると、首や肩の筋肉が緊張するため、首や肩が凝ってしまうのです。

ミュラー筋にかかる負担を減らす手術をすることで、どの病院でも治らなかった頭痛が治まったと言う人もいるそうです。

まぶたの動きは脳の働きにも深く関与
さらに、まぶたの動きが脳の働きに深くかかわっていることが最新の研究でわかってきています。

「まぶたを強く開けると、脳の青斑核と呼ぶ緊張の中枢に信号が送られ、意識がはっきりし、目を覚ます働きが増す」との研究も発表されています。

人が眠くなると、目をこすって起きようとしますが、それは「ミュラー筋に刺激を与えて、脳へ起きなさいという信号を送ろうとする自然な行動」なのだそうです。

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)がうつ病の原因にもなっている? 
では、その、うつ病の予防は?


腱膜性眼瞼下垂症(けんまくしょうがんけんかすいしょう)が進行して、ミュラー筋が伸びきってしまうと、まぶたが開きにくくなり、脳への刺激も減ってしまいます。そうなると、常に眠く、やる気も起きず、疲れやすくなってしまいます。
これはうつ症状の一種。「ミュラー筋の異常はさまざまなうつ症状を招くことにもなる」と、お医者様は警告しています。

眼瞼下垂症はもちろん、手術でも治療できますが、まずは、生活の中で予防や改善を試みてみましょう。予防をすることで手術をせずに済む場合もあるのだそうです。
では、予防方法です。

<予防方法>
①目をこすりすぎないこと。化粧を落とす時も、優しく洗う。

②コンタクトレンズもまぶたの裏にある腱膜を薄くし、瞼板から外れやすくする一因なので、コンタクトレンズの長時間の使用や、着脱に注意を払いましょう。

③パソコンの作業や、車の運転の合間に、意識して、まばたきをするなど、目を休ませてあげましょう。
また、目線を下に向け、口を軽く開け、一秒に一度の間隔で、目を左右に動かす運動もお薦めです。

④1時間半に一度、考え事をするときのように、軽くうつむく動作でミュラー筋をゆるませてあげましょう。

⑤睡眠の時は、あごを引き、頭を下向きにする姿勢がお薦めです。

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)の手術は、形成外科だけではなく、眼科や美容外科でも実施されているそうです。予防をしても、目が開けづらくなった場合は、思い切って、手術したほうがよいかもしれませんね。


<まぶたの不調の見分け方>
まぶたの不調の見分け方をチェックして、ご自分のまぶたの状態を常に把握しておくことも大切かもしれませんね。

◆「いつも眠そうな目をしている」「目つきが悪い」「いつも疲れた目をしている」と言われる
◆慢性的な頭痛や肩こりがある
◆上のほうを見ると、額にしわが寄る
◆まっすぐ前を見る時、あごを出す癖がある
◆夕方になると、よく目の奥が痛くなる
◆夜、対向車のライトをまぶしく感じるようになった
◆長年、コンタクトレンズを使っている
◆目をこする癖がある
◆疲れると、目が落ちくぼんでくる
◆まつげが下向きに生えている


「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる