TOPページ おしゃべり広場 みんなの部屋 ちまたの話題 教室のお知らせ

早くも「健康」のことが気になる年代となりました(^^;)。
健康は小さな心がけの積み重ね。
いろいろな人たちの知恵を結集して、健康生活を送れるよう、ご一緒に考えてみませんか?(^-^)
9 東洋と西洋医学を合わせた「森の診療所」 (2015.4.29)
3333
えとせとらにも書きましたが、金さんの妹さんが口のまわりなど、ひどい湿疹が出てしまい、わざわざ上京し、流山市になる「森の診療所」で診てもらい、わずか3日間、薬を飲んだだけで、嘘のように治ってしまったんだそうです。

その病院はアトピー患者も多く、ひどいアトピーを患っていた子供も完治したとのこと。
いろいろな病院で診てもらっても治らなかった病気を治すことでも有名だそうで、中々予約をとるのも大変なんだそうです。

金さんの妹さんが持っていた病院の小冊子のコピーをいただきましたので、「健康」のところで紹介したいと思います。

気の流れを見て、診断

この病院の独特な診断法
この病院では、一般的な内科診療で行う検査(血液、尿、レントゲン、便、心電図など)に加え、「気」の力を用いた東洋医学的な診断を行っています。

東洋医学では、人の身体には「気」が流れていると考えられています。
健康な状態では、「気」は身体の軸に沿って、まっすぐに流れていますが、炎症を起こしたり、臓器に負担がかかるような状態(西洋医学で言う病的な状態)では、「気のゆがみ」が起こります。

そこで、この病院では、「ゼロサーチ」という装置を使って、人の身体の「気」の流れを読み取り、炎症や臓器の障害などで起こった「気のゆがみ」を探し出します。

また、もうひとつの装置「レヨメーター」は、ドイツで開発された装置ですが、こちらは細菌やウイルスなどの微生物や、鉛や水銀などの重金属に固有の周波数を送りだす発信器のようなもので、例えば、インフルエンザウイルスの周波数を送りだすように設定し、導線を患者さんに持ってもらうと、もし、その患者さんがインフルエンザウイルスに感染していると、感染している場所が「共鳴反応」を起こします。
そこで、この患者さんがインフルエンザに感染していることを推定します。

わかりやすく言うと、レヨメーターから送りだした周波数と共鳴したところにランプがともり、そのランプの光を専用のメガネで観察するようなものなんだそうです。


但し、保険がききません

西洋医学の検査では見つけにくい身体を不調を、東洋医学を使った検査で見つけ出す独特の診察ですが、ただ保険がきかないそうです。

でも、金さんの妹さんは、1回の診察し、3日間の投薬で治ってしまったので、考えようによっては、高くないかもしれませんね。

いろいろな病院へ行ったが、症状がよくならない、病名がわからない、など、そんな方にはよいかもしれません。柳さんの奥さまにどうかな?と思いながら、この記事を書いています(^^)。

そのふたつの装置は、★体内の貴金属汚染、★弱毒菌の持続感染 ★脊椎のゆがみやかみ合わせ不良からくる体調のみだれ、などを推定することができるそうです。


病院自体が無垢の木を使った癒しの場所です

病院は無垢の木を使って建てられていて、まるで避暑地の民家のような落ち着いたたたずまいです。

また、病院では、患者さんの自然治癒力を最大限に引き出すために、快適に過ごせる空間や診療環境を整えています。

そのためにも、受診される方へ以下のことをお願いしているそうです。
★診療所内での飲食の禁止(ガムや飴も含む)
★携帯電話やタブレット端末でのメールの送受信や通話の禁止
★携帯ゲーム機の使用禁止
★香水、香料を多く含む化粧品や整髪料の使用禁止
★診療所周辺での喫煙の禁止


診療時間(完全予約制)

月~金曜日 9:00~11:00 13:30~16:30
土・日・祝日 休診

※予約料金として4.200円がかかります。
電話 04-7199-8822

〒270-0175 千葉県流山市三輪野山4-11-15

●つくばエクスプレス・東武野田線「流山おおたかの森」駅西口より東武バスで「南流山」行きに乗車し、「三輪茂侶神社前」バス停下車 徒歩8分
●常磐自動車道「流山」ICより流山市街方面へ約5分 駐車場あり

「健康」のTOPページ アイビーネットへもどる