2020.4.9
No.6

どんな電池でもOKという「電池がどれでもライト(パナソニック)」がすごい!

※画像はネットより拝借
「巷の話題」に役立ちそうな物がないかしら、とネットをのぞいていたら、見つけました便利グッズ。防災に絶対に必要不可欠な懐中電灯。ありがちなのが、いざという時、入れっぱなしだった電池が切れていたり、新しい電池に取り換えようとしたら、肝心のサイズの電池だけがなかったなど、電池はサイズがいろいろあるため、不便なことがよく起こります。

このパナソニックが作った「電池がどれでもライト」は、単1形だろうが、単4計だろうが、どんな電池サイズでも、OKという、実に柔軟なライトなんです。しかも、省エネのLEDライト。

アマゾンで送料無料で1200円ほどと、価格もリーズナブルです。一家に一台、置いておくのもよいかもしれませんよ。


中身はどうなってる?

どうして、いろいろな種類の電池でもOKなのか?
中身を見ると、一目瞭然。4種類の電池を入れる場所が設置してあるんですね。
電池の場所をそれぞれ切り替えて、ライトがつく形になってます。
しかも、どの電池でも、1本で使用できるところがすごいです。

実は4本全サイズの電池を入れてもOK!
4本全サイズの電池を入れた場合は、それぞれの電池を利用して、4本分を使うと、最長で、約86時間の連続使用もできるということです。一日12時間使用したとして、7日間ほど使用ができるなんて、すごいですよね。ちなみに内訳は、単1形連続=約50時間、単2形連続=約25時間、単3形連続=約8時間、単4形連続約2時間30分となっています。

どうして、全サイズの電池が使えるのか?

  
単1形から単4形の4種類の電池を設置して、それぞれの電池を回転式の切り替えスイッチで切り替えることができるようにしたのです。しかも、切り替えスイッチはどちらに回しても切り替えられます。パナソニックの独自技術を使用とのこと、さすが、パナソニックですね。

懐中電灯とランタンの2WAY仕様

新シェードを採用すると、ランタンとしても使用できるそうです。懐中電灯とランタンの使い分けができるLEDライト、停電を始め、災害を念頭に置いた便利な商品かもしれません。1本、いかがでしょうか(^0^)?
わたしも今度電気屋さんに行ったら、1本買おうかなと思っています。

weekly top に戻る アイビーネットのtopページへ戻る