2014.3.13
No.6
 第16回小金井桜写真展募集について
わたしが初めて、写真で賞をいただいたのが、この小金井桜写真展。「審査委員長賞」をいただいた写真の前でnabeさんと喜んでいたら、審査委員長をされていた星野哲郎さんが声をかけてくれたんです。

「よくこんなに散っている桜を写せたね。僕が一番気に入った写真だよ」と、天にも昇る嬉しい言葉。思わず、舞い上がってしまい、後で、ご一緒に写真を写しておけばよかったと後悔したのを覚えています。

その懐かしい小金井桜写真展の応募を本日、見つけました。

写真展に応募することは、自分磨きの第一歩です。
自分の作品を真剣にチェックできること、他の方の作品にも真摯な気持ちで目を通す機会を得ること、目的をもって写真撮影をすることができることなど、写真展応募は、たくさんのメリットがあると思っています。

まだ写真展に応募されたことのない方は、応募作品の選択やネーミングなどでお手伝いをしますので、ぜひこのチャンスに応募されてみてはいかがでしょうか?

そういえば、大町さんの写真展応募をお手伝いして、大町さんはたびたび賞を受賞しました。
今は、残念ながら後遺症の残る弟さんの介護で自由な時間を取ることができないそうです。

第二の大町さんが教室から生まれてくれると、いいんですけどねぇ・・・。


写真展の応募の詳細

◆今年撮影した玉川上水両岸の小金井桜の写真を募集
◆締め切りは4月30日(消印有効)
◆応募は、2L版の作品に、@桜の番号 A撮影日 B住所・氏名・電話番号を記入して、郵送
◆〒184-0015 貫井北町3-9-18 名勝小金井桜の会 石田様宛に
◆問い合わせは042-323-0308へ


写真展の応募のための撮影会を開催予定?(^^)


なかなか一人で撮影するのはさびしいかもしれません。
教室で撮影会を企画してもおもしろそうですね。ちょうど満開になった頃がよいかも。
鍔山先生から、それぞれ番号がつけられた桜についての情報、伺っておこうかしら。

お昼御飯をご一緒に食べてから、1時間ほど、小金井公園近辺の玉川上水の桜を撮影するという企画がよいかも。ステーキやハンバーグがおいしいと人気の「ウッドストック」でみんなでランチだなんて、楽しそう\(^o^)/。
って、なぜか、食べる話になると、熱が入りますねぇ(^_^;)(^_^;)。

うまく企画が決まりましたら、こちらで紹介しますね>all

weekly top に戻る アイビーネットのtopページへ戻る